堀江会計事務所は
TKC全国会会員です。

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属

お気軽にお問合せ下さい
堀江会計事務所
TEL:03-5434-0116
メールは、こちらまで

相続をお考えの方へ

相続をお考えの方へ

相続、生前贈与をお考えの方へ

相続税のご相談

突然ですが、相続について考えたことはありますか。
相続や遺言と言いますと、「縁起が悪い」ですとか、「自分には、まだ縁の無いこと」と思われる方も多いのではないでしょうか。ただ、亡くなってからでは、どうすることも出来ません。相続対策は、ご自分の生きているうちにしか出来ないことなのです。

また、相続(亡くなってからの相続)と、生前贈与(生きているうちに、財産を分ける)とでは、どちらが得かも、人それぞれで異なります。

確実に自分の意思を伝えるためには、遺言書の作成が有効です。当事務所では、提携先の司法書士とともに、一括したご相談が可能です。

一度、ご相談下さい。相談料は無料です。


相続税クイズまずは今、あなたはどれ位、相続について、知っていらっしゃるでしょうか

①相続税は、死亡後、いつまでに申告しなくてはならないでしょうか?
  A 6ヶ月以内    B 10ヶ月以内

→正解 B
基本的に10ヶ月以内に、遺産の調査・評価・確定、申告書の作成、納付をしなければなりません。四十九日、百か日の法要も考えると、準備期間は、非常に短く感じられるでしょう。

②相続税がかかるのは、どちらでしょうか?
  A 宝石       B お墓

→正解 A
一部の非課税財産(生命保険金の一部、お墓など)を除いて、ほとんどの財産が相続税の対象となります。それほど資産のないと思ってらっしゃる方でも、思わぬ税金がかかってしまうケースもあります。

③お葬式の費用は、控除できるでしょうか?
  A 控除できる    B控除できない

→正解 A


タクシー代、お布施代など、領収書やメモを取っておきましょう。

④日本で相続税を払う必要のあるケースは約何パーセント?
  A 4%       B 40%

→正解 A


意外と少ない数字だと思います。配偶者、兄弟姉妹、子供の数によって、また誰に何を相続するかによって異なってきます。

⑤ワープロ(パソコン)で書いた遺言書(署名は直筆)は有効である?
  A 有効       B 無効

→正解 B


遺言書は、全て手書きでなければ、なりません。また、少しでも記載にミスがあると、無効になってしまいます。確実に意思を伝えたいのであれば、遺言者の口述に基づき、公証人が公証人役場にて記載をする公正証書の作成をお薦めいたします。

⑥贈与税は、いつまでに申告するでしょうか?
  A 贈与した年末   B 確定申告(2~3月)の時期

→正解 B

⑦一年間にいくらまでの贈与なら、贈与税はかからないでしょうか?
  A 50万円     B 110万円


→正解 B